ホーム > 産業医(産業衛生コンサルタント)

産業医(産業衛生コンサルタント)

産業医とは

産業医とはのイメージ

産業医とは、事業場において労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行う医師を云います。産業医学の実践者として産業保健の理念や労働衛生に関する専門的知識に精通し労働者の健康障害を予防するのみならず、心身の健康を保持増進 することを目指した活動を遂行する任務があります。

産業医の要件

1996(平成8)年の労働安全衛生法の改正により「産業医は労働者の健康管理等を行うのに必要な医学に関する知識について厚生労働省令で定める一定の要件を備えた者でなければならない」と規定されました(安衛法第13条第2項)。ここで定められている一定の要件とは以下の通りに定められています。
社会情勢の変化とともに目まぐるしく変わっていく職場環境で産業保健サービスも最新で高い水準が要求されます。生涯研修の受講など資質の継続的な向上に努め、産業保健スタッフの中心となって活躍してもらうことが期待されます。

産業医の選任

事業者は、常時50人以上の労働者を使用するに至った時から14日以内に産業医を選任する必要があります。また、産業医を選任した際は遅滞なく所轄労働基準監督署長に届け出る義務があります(安衛法第13条、安衛令第5条、安衛則第13条第1項・2項)。
産業医に欠員が出た場合も同じく14日以内に選任し遅滞無く所轄労働基準監督署長に届け出なければなりません(安衛則様式第3号による届出)。

仕事内容

  • 労働安全衛生法の規定による職場巡視
  • 講演会
  • 作業環境の改善に関するアドバイス
  • 個別指導
  • 従業員の健康の増進に関する提言
  • 病院紹介
  • 職場衛生委員会の出席
  • 健康相談(メンタルなものを含む)
  • 健康診断のデザインと実施
  • 入社時の健康診断の判定
  • 健診機関の紹介
  • 復職相談
  • 健康診断後の事後指導
  • 海外赴任時の健康指導(赴任判定を含む)
  • 生活習慣病を主とする健康増進運動