ホーム > 当院のご案内

当院のご案内

ご挨拶

院長のイメージ

こんにちは。院長の高橋 弘と申します。
当院は、東京の中心に位置しながらも下町風情が感じられ、しかも国際色豊かな麻布にふさわしく「グローバル・スタンダードの医療」を受けられるクリニックです。
当院では、訪れる方々の悩みにスタッフがじっくりと耳を傾け、何を求めて来院され たか、そして何が必要かを正しく判断することを心がけ、最新の医学情報と最良の治療を提供させていただきます。
さらに、麻布地域のホームドクターとして地域医療を担い、健康な生活をサポートし、安心で安全、最良の医療を提供いたします。

高橋 弘

お知らせ

高橋院長、TOKYO FM番組「シナプス」でインフルエンザについて語る

TOKYO FMの11月22日(月)のパーソナリティ番組「シナプス」に高橋院長が生出演し、今年のインフルエンザの特徴や予防法について放送がありました(インフルエンザの放送を聞く)。例年季節性のインフルエンザの流行は12月末から始まります。ワクチンが有効になるまでに予防接種から2週間かかります。ワクチンの有効期間は約5ヶ月でインフルエンザの流行が終わるまで予防が可能です(番組を聞く)。当院では一般の方は3,000円(税別)でインフルエンザワクチン接種を受けられます(受診料およびワクチン接種料込み)。どなたでもすぐにインフルエンザワクチン接種を受けることができますので、早めの予防接種をお奨めいたします。尚、港区に在住の満65歳以上の方のワクチン接種は無料です。

スーパーJチャネルで当院が紹介されました

スーパーJチャネル テレビ朝日の11月9日(木)夕方のニュース番組「スーパーJチャネル」で麻布医院のインフルエンザワクチン接種の模様が紹介されました〔写真を見る〕。また、今年のインフルエンザの動向について高橋院長のコメントが放映されました〔写真を見る〕。死亡率が非常に高いことで知られるA香港型インフルエンザの流行が今年はもう既に始まっています。ワクチンが有効になるまでに予防接種から2週間かかります。当院では一般の方は3,000円(税別)でインフルエンザワクチン接種を受けられます(受診料およびワクチン接種料込み)。どなたでもすぐにインフルエンザワクチン接種を受けることができますので、早めの予防接種をお奨めいたします。

マガジンハウス「ターザン568号」の「免疫力」特集に院長:高橋 弘の記事が紹介されました

マガジンハウス「ターザン568号」 10月28日マガジンハウスより発売のターザン568号『免疫力』特集(TARZAN No.568, 10/28発売)に院長:高橋 弘の記事(侮りがたし、植物のパワー、ファイトケミカルで健康生活。〔PDF〕)が掲載されました。免疫力を高める野菜のファイトケミカルの解説とその効能を活かす調理方が分かりやすく解説されています。

めんえきサポートに「おうちごはん研究家」浜内千波先生との対談が掲載されました

めんえきサポートに「おうちごはん研究家」 平成22年10月25日発売の「めんえきサポート」(エビデンス社)第3号に院長 高橋弘と「おうちごはん研究科」の浜内千波先生との対談記事が掲載されました。ファイトケミカルに興味のある方は必読です。とても楽しい対談です。免疫を強化するファイトケミカルを効率的にカラダに取り入れるにはどうしたらよいか、具体的な話しが掲載されています。また、今月号の特集は「きのこ」を食材として取り上げています。免疫を強化してがんを攻撃するファイトケミカル「βーグルカン」にスポットを当てました。どうぞ、ご覧下さい。

日本テレビ(日テレ)で麻布医院の禁煙外来が紹介されました

日本テレビ(日テレ)で放映されているニュース番組「エブリevery.」(news every.)で麻布医院の禁煙外来が9月7日(火)〔写真を見る〕と9月30日(木)〔写真を見る〕に放映されました。また、当日収録日に禁煙外来を受診された日本テレビの記者である大沼さんは10月1日から無事禁煙に成功しました。おめでとうございます。

9月17日(金)おはスタに出演しました

麻布医院の高橋弘院長が「テレビ東京」放映番組「おはスタ」に9月17日(金)に出演しました。子供達のお腹に関する素朴な疑問に高橋院長が消化器病の専門医として答えます。

めんえきサポートに掲載されました

めんえきサポート 別冊がんサポート「めんえきサポート」(エビデンス社)に院長 高橋弘の記事(ファイトケミカル食革命〔PDF〕)が掲載されました。また、強力な抗酸化作用、癌抑制作用、免疫増強作用をもつ食物成分「ファイトケミカル」(詳細はファイトケミカルのページをご覧ください)についての連載も始まりました。

TBSに出演いたしました

7月29日(木)、院長の高橋がTBSに出演いたしました。インタビューの内容がインターネットでご覧になれます。アクセスはMIRAIO RADIO(http://miraioradio.jp)トップページの「Monthly Guest Talk 07」をクリックして下さい。収録風景の写真下にプレーヤーが備わっており、こちらからインタビューが聴けます。

院長略歴

ハーバード大学医学部内科元準教授、セレンクリニック診療部長等を経て、2008年12月医療法人社団 ヴェリタス・メディカル・パートナーズ 理事長、2009年5月麻布医院 院長に就任。2010年4月麻布労働衛生コンサルタント事務所開設。

所属学会・資格

  • 医学博士
  • 労働衛生コンサルタント
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本肝臓学会肝臓専門医
  • 日本臨床分子医学会評議員
  • 日本レーザー学会評議員
  • 米国消化器病学医師会評議員
  • 日本肝臓学会東部会評議員
  • 日本消化器病学会関東支部評議員
  • 米国癌学会正会員
  • 日本抗加齢医学会員

メディア出演

  • 野菜や果物に秘められてた「ファイトケミカル」の知られざる力について語った高橋院長の対談が「MIRAIO RADIO」で紹介されました。抗酸化力、抗癌作用、免疫力増強作用をもつファイトケミカルとは何か?ファイトケミカルの有効な摂取法にはどなな方法があるか?高橋院長が分かりやすく語ります。聞きたい方はここをクリック(mp3)
  • TBSが運営するインターネットラジオステーション「OTTAVA」のOTTAVA fresco に院長の高橋が出演いたしました。クラッシック音楽と対談を聞きたい方は OTTAVA fresco(mp3) をクリックしていただくとすべての内容が聞けます。
  • 英語でしゃべらナイト放送内容

業績集

英文著書

  1. Takahashi H, Wands JR. Development of Monoclonal Antibodies to Hepatitis B Virus. In: Hugh T and Alexander M, ed. Immunological Diagnosis of Sexually Transmitted Diseases. New York : Marcel Dekker Inc., 1987:451-67.
  2. Thiers V, Fujita Y, Takahashi H, Schellekens H, De Reus A, Driss F, et al. Hepatitis B virus DNA sequences in the serum of HBsAg-negative patients with chronic liver disease: Transmission of viral particles to chimpanzees. In:Zuckerman AJ, ed. Viral Hepatitis and Liver Disease. New York : Alan R. Liss Inc., 1988: 553-7.
  3. Wands JR, Takahashi H. Studies on cell surface changes associated with transformation of human hepatocytes to the malignant phenotype and their role as potential immunotargeting sites. In: Tsuchiya M, ed. Frontiers of Mucosal Immunology. Volume 2. New York : Elsevier Science Publishers B.V., 1991: 295-8.
  4. Takahashi H, Liang JT, Blum HE, Zeniya M, Fujise K, Kameda H, et al. Identification of low level hepatitis B viral genome in hepatitis B vaccine non-responders in Japan. (In:) Hollinger FB, Lemon SM, Margolis HS, ed. Viral Hepatitis and Liver Diseases. Baltimore : Williams & Wilkins, 1991: 779-81.
  5. Liang JT, Blum HE, Hasegawa K, Takahashi H, Galun E, Wands JR. Detection and transmission of low level hepatitis B related virus. (In:) Hollinger FB, Lemon SM, Margolis HS, ed. Viral Hepatitis and Liver Diseases. Baltimore : Williams & Wilkins, 1991: 684-7.

代表的論文

  1. Kew MC, Fujita Y, Takahashi H, Coppins A, Wands JR. Comparison between polyclonal and first and second generation monoclonal radioimmunoassays in the detection of hepatitis B surface antigen in patients with hepatocellular carcinoma. Hepatology 1986; 6: 636-639.
  2. Wilson B, Ozturk M, Takahashi H, Motte P, Kew M, Isselbacher KJ and Wands JR. Cell surface changes associated with transformation of human hepatocytes to the malignant phenotype. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 1988; 85: 3140-3144.
  3. Takahashi H, Kameda H, Wands J.R. Development of a second generation monoclonal immunoradiometric assay. Increased sensitivity leads to enhanced detection of hepatitis B viral infection. Journal of Immunological Methods 1988; 112: 191-200.
  4. Takahashi H, Wilson B, Ozturk M, Motte P, Strauss W, Isselbacher KJ and Wands JR. In vivo localization of colon adenocarcinoma by monoclonal antibody binding to a highly expressed cell surface antigen. Cancer Research 1988; 48: 6573-6579.
  5. Motte P, Takahashi H, Ozturk M, Wilson B.E. and Wands J.R. Characterization of a malignant phenotype-associated cell surface glycoprotein common to various tumor cells and preferentially expressed on adenocarcinoma of the lung. Cancer Research 1989; 49: 1349-1356.
  6. Takahashi H, Carlson R, Ozturk M, Sun S, Motte P, Strauss W, Isselbacher KJ and Wands JR, Shouval D. Radioimmunolocalization of hepatic and pulmonary metastasis of human colon adenocarcinoma. Gastroenterology 1989; 96: 1317-1329.
  7. Takahashi H, Ozturk M, Wilson B, Maki A, Ozawa K, Koizumi M, Endo K, Strauss W, Shouval D and Wands JR. In vivo expression of two novel tumor associated antigens and their use in immunolocalization of human hepatocellular carcinoma. Hepatology 1989; 9: 625-634.
  8. Ozturk M, Motte P, Takahashi H, Frohlich M, Wilson B, Hill L, Bressac B and Jack R Wands. Identification and characterization of Mr 50,000 adrenal protein in human hepatocellular carcinoma. Cancer Research 1989; 49: 6764-6773.
  9. Takahashi H, Ozturk M, Wilson B, Maki A, Ozawa K, Koizumi M, Endo K, Strauss W, Shouval D and Wands JR. In vivo expression of two novel tumor associated antigens and their use in immunolocalization of human hepatocellular carcinoma. Hepatology 1989; 9: 625-634.
  10. Hurwitz E, Stancovski I, Wilcheck M, Shouval D, Takahashi H, Wands JR, Sela M. A conjugate of 5-Fluorourodine-poly(L-lysine) and an antibody reactive with human colon carcinoma. Bioconjugate Chemistry 1990; 1: 285-290.
  11. Frohlich M, Motte P, Galvin K, Takahashi H, Wands J, Ozturk M. Enhanced expression of the protein kinase substrate p36 in human hepatocellular cacinoma. Molecular and Cellular Biology 1990; 10: 3216-3223.
  12. Ozturk M, Bressac B, Puisieux A, Kew M, Volkmann M, Bozcall S, Bella Mura J, Carlson R, Blum H, Wands J, Takahashi H, von Weizacker F, Galun E, et al. p53 mutation in hepatocellular carcinoma after aflatoxin exposure. Lancet 1991; 338: 1356-1359.
  13. Marcellin P, Calmus Y, Takahashi H, Zignego AL, Chatenoud L, Galanaud LP, Leibowitch M, Bach JF, Benhamou JP, Tiollais P, Wands J, Guillevin L, Brechot C. Latent hepatitis B (HBV) infection in systemic necrotizing vasculistis. Clinical and Experimental Rheumatology 1991; 9: 23-28.
  14. Takahashi H, Wands JR. Prognosis of hepatocellular carcinoma: known to be poor, yet difficult to predict. Journal of Nuclear Medicine 1991; 32: 235-236.
  15. Hurwitz E, Adler R, Shouval D, Takahashi H, Wands JR, Sela M. Immunotargeting of daunomycin to localized and metastatic human colon adenocarcinoma in athymic mice. Cancer Immunology Immunotherapy 1992; 35: 186-192.
  16. Takahashi H, Nakada T, Puisieux I. Inhibition of human colon cancer growth by antibody-directed human LAK cells in SCID mice. Science 1993; 259: 1460-143.
  17. Fujimoto J, Takahashi H. Hepatic handling of radiopharmaceuticals: Is the in vitro model useful? Journal of Nuclear Medicine 1993; 34: 2030-2031.
  18. Togawa K, Jaskiewcc K, Takahashi H, Meltcer S, Rustgi A. Human Papilloma Virus DNA Sequences in Esophagus Squamous Cell Carcinoma. Gastroenterology 1994; 107: 128-136.
  19. Hanada S, Wakita T, Takahashi H. Tumor vaccination against hepatoma; how does it work? Hepatology 1994; 20: 1367-1368.
  20. Takahashi H, Nakada T, Nakaki M, Wands JR. Inhibition of hepatic metastases of human colon cancer in nude mice by a chimeric SF-25 monoclonal antibody. Gastroenterology 1995; 108: 172-182.
  21. Takahashi H, Fujimoto J, Hanada S, Isselbacher KJ. Acute hepatitis in rats expressing human hepatitis B virus transgenes. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 1995; 92:1470-1474.
  22. Maia M, Takahashi H, Adler K, Garlick RK, Wands JR. Development of an amplified immunoassay for hepatitis B surface antigen. Journal of Virological Methods 1995; 52: 273-286.
  23. Watnick PI, Eto T, Takahashi H, Calderwood SB. Purification of Vibrio cholerae Fur and estimation of its intracellular concentration by antibody sandwitch ELISA. J. Bacteriol. 1997; 179: 234-247.
  24. Shiraki K, Tsuji N, Shioda T, Isselbacher KJ, Takahashi H. Expression of Fas ligand in liver metastases of human colonic adenocarcinoma. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 1997; 94: 6420-6425.
  25. Hirano T, Fujimoto J, Ueki T, Yamamoto H, Iwasaki T, Morisita R, Sawa Y, Kaneda Y, Takahashi H, Okamoto E. Persistent gene expression in rat liver in vivo by repetitive transfections using HVJ-liposome. Gene Therapy. 1998; 5: 459-464.
  26. Bottcher B, Tsuji N, Takahashi H, Dyson MR, Zhou S, Crowther RA, Murray K. Inhibition of hepatitis B virus production by peptides that bind to the nucleocapsid tips and block interaction with the surface antigen. EMBO J. 1998; 17:6839-6845.
  27. Hirano T, Fujimoto J, Ueki T, Yamamoto H, Takeuti M, Okamoto E, Takahashi H, Morisita R, Sawa Y, Kaneda Y. HVJ-liposome mediated gene transfer into hepatocytes in vivo. J. Hepatology 1998; 29:910-914.
  28. Ueki T, Kaneda Y, Tsutsui H, Nakanishi K, Sawa Y, Morishita R, Matsumoto K, Nakamura T, Takahashi H, Okamoto E, Fujimoto J. Hepatocyte growth factor gene therapy of liver cirrhosis in rats. Nature Medicine 1999; 5: 226-230.
  29. Eto T, Takahashi H. Enhanced inhibition of hepatitis B virus production by asialoglycoprotein receptor-directed interferon. Nature Medicine 1999; 5: 577-581.
  30. Takehara T, Liu X, Fujimoto J, Friedman SL, Takahashi H. Expression and role of Bcl-xL in human hepatocellular carcinomas. Hepatology 2001; 34:55-61.
  31. Moriai R, Tsuji N, Kobayashi D, Yagihashi A, Namiki Y, Takahashi H, Watanabe N. A proapoptotic caspase recruitment domain protein gene, TMS1, is hypermethylated in human breast and gastric cancers. Anticancer Research 2002; 22:4163-416.
  32. Takehara T, Takahashi H. Suppression of Bcl-xL deamidation in human hepatocellular carcinomas. Cancer Research 2003; 63:3054-3057.
  33. Date M, Sakata I, Fukuchi K, Ohura K, Azuma Y, Shinohara M, Matsuzaki K, Namiki Y, Takahashi H. Photodynamic Therapy for Human Oral Squamous Cell Carcinoma and Xenografts Using a New Photosensitizer, PAD-S31. Lasers in Surgery and Medicine 2003; 33:57-63.
  34. Fukuchi K, Date M, Azuma Y, Shinohara M, Takahashi H, Ohura K. Apoptosis in human oral squanmous cell carcinomas is induced by 15-deoxy-Δ12,14-prostaglandin J2 but not by troglitazone. Journal of Dental Research 2003; 82:802-806.
  35. Date M, Fukuchi K, Morita S, Takahashi H, Ohura K. 15-deoxy-Δ12,14-prostaglandin J2, a ligand for peroxisome proliferators-activated receptor-γ, induces apoptosis in human hepatoma cells. Liver International 2003; 23:460-466.
  36. Tsuji N, Kondoh K, Furuya M, Kobayashi D, Yagihashi A, Inoue Y, Meguro T, Horita S, Takahashi H, Watanabe N. A novel aspartate protease gene, ALP56, is related to morphological features of colorectal adenomas. Int. J. Colorectal Disease 2004; 19:43-48.
  37. Namiki Y, Namiki T, Date M, Yanagihara K, Yashiro M, Takahashi H. Enhanced photodynamic antitumor effect on gastric cancer by a novel photosensitive stealth liposome. Pharmacol. Res. 2004; 50:65-76.
  38. Tsuji N, Furuse K, Asanuma K, Furuya M, Kondoh K, Kamagata C, Sasaki M, Kobayashi D, Yagihashi A, Takahashi H, Watanabe N. Mutations of the p53 gene and loss of heterozygosity at chromosome 17p13.1 are associated with increased survivin expression in breast cancer. Breast Cancer Res. Treat. 2004; 87:23-31.
  39. Koyama T, Tsubota A, Nariai K, Mitsunaga M, Yanaga K, Takahashi H. Novel biomedical imaging approach for detection of sentinel nodes in an experimental model of gastric cancer. Br. J. Surg. 2007; 94:996-1001.
  40. Koyama T, Tsubota A, Nariai K, Yoshikawa T, Mitsunaga M, Sumi M, Nimura H, Yanaga K, Yumoto Y, Mabashi Y, Takahashi H. Detection of sentinel nodes by a novel red-fluorescent dye, ATX-S10Na (II), in an orthotopic xenograft rat model of human gastric carcinoma. Lasers Surg. Med. 2007; 39:76-82.

医院情報

麻布医院
住所 東京都港区麻布十番1-11-1
エスティメゾン麻布十番 3F
電話番号 03-5545-8177
診療時間 月曜~水曜、金曜:10:00~13:00 15:00~19:00
木曜:10:00~13:00
土曜:13:00~18:00
休診日:日曜、祝日
アクセス 地下鉄大江戸線・南北線「麻布十番」駅
4番出口 徒歩1分 5b番出口 徒歩30秒
受診時間
10:00~13:00 ○※
15:00~19:00
13:00~18:00
※2010年4月1日より、木曜日の午前も診察しています。

主要研究領域のまとめ

癌の免疫療法の開発

1.大腸癌の免疫療法の開発
癌の標的治療の確立を目的として、ヒト癌に対する特異的モノクローナル抗体を作成し、大腸癌の局在診断や治療に有用である事を報告しました(参考資料5、6)。また、大腸癌に特異的に発現する癌細胞表面抗原(SF-25抗原)を標的としたモノクローナル抗体を用いた免疫療法を開発し、1993年にはScience誌(参考資料9)に発表ました。

2.肝細胞癌の免疫療法の開発
癌の標的治療の確立を目的として、ヒト肝細胞癌に対する特異的モノクローナル抗体を作成し、これらの抗体が肝細胞癌を特異的に認識し、癌の局在診断や治療に有用である事を報告しました(参考資料7、8)

3.大腸癌の免疫学的逃避と肝転移におけるFas/Fasリガンドシステムの役割の解明
大腸癌における免疫学的逃避の機序や肝転移の機序についても、研究を進め、大腸癌においてFas/Fasリガンドシステムが免疫学的逃避や肝転移機序に関与していることを明らかに、Proc Natl Acad Sci USA誌に発表しました(参考資料12)。

4.癌におけるアポトーシス抵抗性の機序の解明
肝細胞癌におけるアポトーシス抵抗性の機序および免疫学的エスケープの解明に取り組み、抗アポトーシス分子であるBcl-xLの発現が肝細胞癌において重要であることをHepatology誌に発表しました(参考資料16)。さらに、アポトーシス抑制分子であるBcl-xLは肝細胞癌で発現が増強すると同時に、脱アミド化(これによりBcl-xLはアポトーシス抑制作用を失う)が抑制されていることも明らかにしました。

ウイルス性肝炎の発症機序の研究と治療法の開発

1.B型肝炎ウイルスの潜在感染(サイレントB)の研究
遺伝子工学や分子生物学の技術の発達した現在では、B肝炎ウイルスの潜在的感性症(サイレントB)が存在し、肝炎発症や肝細胞癌(肝癌)の成因として極めて重要であることは当然のことと考えられています。また、近年、サイレントBは、輸血後肝炎の原因として、マスコミをにぎわしています。しかし、20年前にはサイレントBの存在は知られておらず、その検出法も開発されていませんでした。1986年、私たちは血液中の微量のB型肝炎ウイルスを当時の手法としては最も高感度に検出する新しい手法(第二世代IRMA)を開発し、潜在的B型肝炎ウイルス感染症、すなわち、サイレントBの存在を明らかにしました(参考資料1、2、4)。

2.肝硬変症の遺伝子治療の開発
肝臓病学の分野では、ラットやマウスの肝臓にcationic liposome(非ウイルス性ベクター)を用いた外来遺伝子の導入法を開発し、B型肝炎発症の動物モデルの作製に成功し、1995年にProc Natl Acad Sci USA誌に論文を発表しました(参考資料14)。その後、この研究をもとに肝細胞増殖因子(HGF)を用いた肝硬変症の遺伝子治療の開発し、1999年にその結果をNature Medicineに発表しました(参考資料14)

3.肝特異的インターフェロンの開発
肝特異的インターフェロンの開発を開発し、その結果もNature Medicineに発表しました(参考資料15)。

4.B型肝炎ウイルスの立体構造決定
B型肝炎ウイルスの構造について、コア粒子とエンベロープが相互に密接な接触をしてウイルス粒子が形成されるという全く新しい知見を見いだしEMBO Journalにその研究成果を発表しました(参考資料13)、その成果は世界的に高く評価され、同誌の表紙を飾りました。

参考資料
  1. Takahashi H, Wands JR. Development of Monoclonal Antibodies to Hepatitis B Virus. In: Hugh T and Alexander M, ed. Immunological Diagnosis of Sexually Transmitted Diseases. New York : Marcel Dekker Inc., 1987:451-67.
    (参考資料4)
  2. Takahashi H, Liang JT, Blum HE, Zeniya M, Fujise K, Kameda H, et al. Identification of low level hepatitis B viral genome in hepatitis B vaccine non-responders in Japan. (In:) Hollinger Williams & Wilkins, 1991: 779-81.
    (参考資料5)
  3. Takahashi H. Increased expression of Fas ligand mRNA and protein in liver metastases of human colonic adenocarcinoma. In:Fujita R., Nakazawa S, ed. Recent Advances in Gastroenterology. Springer-Verlag, Tokyo. 1999:41-52.
    (参考資料6)
  4. Takahashi H, Kameda H, Wands J.R. Development of a second generation monoclonal immunoradiometric assay. Increased sensitivity leads to enhanced detection of hepatitis B viral infection. Journal of Immunological Methods 1988; 112: 191-200.
    (参考資料7)
  5. Takahashi H, Wilson B, Ozturk M, Motté P, Strauss W, Isselbacher KJ and Wands JR. In vivo localization of colon adenocarcinoma by monoclonal antibody binding to a highly expressed cell surface antigen. Cancer Research 1988; 48: 6573-6579.
    (参考資料8)
  6. Takahashi H, Carlson R, Ozturk M, Sun S, Motté P, Strauss W, Isselbacher KJ and Wands JR, Shouval D. Radioimmunolocalization of hepatic and pulmonary metastasis of human colon adenocarcinoma. Gastroenterology 1989; 96: 1317-1329. FB, Lemon SM, Margolis HS, ed. Viral Hepatitis and Liver Diseases. Baltimore :
    (参考資料9)
  7. Takahashi H, Ozturk M, Wilson B, Maki A, Ozawa K, Koizumi M, Endo K, Strauss W, Shouval D and Wands JR. In vivo expression of two novel tumor associated antigens and their use in immunolocalization of human hepatocellular carcinoma. Hepatology 1989; 9: 625-634.
    (参考資料10)
  8. Takahashi H, Ozturk M, Wilson B, Maki A, Ozawa K, Koizumi M, Endo K, Strauss W, Shouval D and Wands JR. In vivo expression of two novel tumor associated antigens and their use in immunolocalization of human hepatocellular carcinoma. Hepatology 1989; 9: 625-634.
    (参考資料11)
  9. Takahashi H, Nakada T, Puisieux I. Inhibition of human colon cancer growth by antibody-directed human LAK cells in SCID mice. Science 1993; 259: 1460-1463.
    (参考資料12)
  10. Takahashi H, Nakada T, Nakaki M, Wands JR. Inhibition of hepatic metastases of human colon cancer in nude mice by a chimeric SF-25 monoclonal antibody. Gastroenterology 1995; 108: 172-182.
    (参考資料13)
  11. Takahashi H, Fujimoto J, Hanada S, Isselbacher KJ. Acute hepatitis in rats expressing human hepatitis B virus transgenes. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 1995; 92:1470-1474.
    (参考資料14)
  12. Shiraki K, Tsuji N, Shioda T, Isselbacher KJ, Takahashi H. Expression of Fas ligand in liver metastases of human colonic adenocarcinoma. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 1997; 94: 6420-6425.
    (参考資料15)
  13. Inhibition of hepatitis B virus production by peptides that bind to the nucleocapsid tips and block interaction with the surface antigen. EMBO J. 1998; 17:6839-6845.
    (参考資料16)
  14. Ueki T, Kaneda Y, Tsutsui H, Nakanishi K, Sawa Y, Morishita R, Matsumoto K, Nakamura T, Takahashi H, Okamoto E, Fujimoto J. Hepatocyte growth factor gene therapy of liver cirrhosis in rats. Nature Medicine 1999; 5: 226-230.
    (参考資料17)
  15. Eto T, Takahashi H. Enhanced inhibition of hepatitis B virus production by asialoglycoprotein receptor-directed interferon. Nature Medicine 1999; 5: 577-581.
    (参考資料18)
  16. Takehara T, Liu X, Fujimoto J, Friedman SL, Takahashi H. Expression and role of Bcl-xL in human hepatocellular carcinomas. Hepatology 2001; 34:55-61.
    (参考資料19)
  17. Takehara T, Takahashi H. Suppression of Bcl-xL deamidation in human hepatocellular carcinomas. Cancer Research 2003; 63:3054-3057.
    (参考資料20)